365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ニコニコ超会議2016が開催!バックヤードで働くガレリアの姿を紹介

ニコニコ超会議2016

  2016年4月29日と30日の両日、幕張メッセで「ニコニコ超会議2016」が開催された。動画投稿サイトの「ニコニコ動画」にある人気コンテンツを地上で再現しようというイベントだ。公式発表では、2日で15万人を超える人が来場したという。

ニコニコ超会議2016 会場の様子

人気ブースの前は常に人だかり。注目の演目が始まる前などは、通り過ぎるのもままならないほどだった

 ガレリアは80台のPCを提供し、この大規模なイベントを支えた。ガレリアが活躍したブースを紹介しよう。

超ゲームエリアのPC・自作ゲームブース

 いわゆる「同人ゲーム」のコーナーだ。家庭用ゲーム機ではあまりない、個人製作のゲームが体験できた。アクションゲームにはゲームパッドも用意されていた。

ニコニコ超会議2016「超ゲームエリア」の様子

テーブルごとに別のゲームが展示されていた。端にある液晶ディスプレイで、プレイヤー以外の人も画面を見られた

ニコニコ超会議2016「超ゲームエリア」の混雑具合の様子

同人ゲームは普段触れる機会のない人も多いだろう。行列ができるほどではないものの、ほぼ常に席は埋まっていた

ニコニ立体写真館

 3Dキャラクターを踊らせるソフト「MMD(MikuMikuDance)」を使い、キャラクターとのツーショット写真が撮れるアトラクションだ。できあがった写真はプリントアウトして受け取れる。通常、3Dキャラクターの動きはあらかじめプログラムしておく必要があるが、ニコニコ超会議ではモーションキャプチャーを使い、リアルタイムでキャラクターを動かしていた。

ニコニコ超会議2016「ニコニ立体写真館」のブース

本人は緑の壁の前でポーズを取る。写真は左の液晶ディスプレイに写っている内容になる

ニコニコ超会議2016「ニコニ立体写真館」モーションキャプチャーの様子

3Dキャラクターはモーションキャプチャーで動かす。隣のスペースにいるスタッフが来場者に合わせてポーズを取っていた

ニコニコ超会議2016「ニコニ立体写真館」スタッフスペースの様子

スタッフスペースではスタッフが3Dキャラクターの切り替えや撮影などを行っていた。これらの作業をガレリアのPCが担当していた

超お絵かきチャレンジ だいたいあってる

 タブレット液晶とニコニコ静画を連動させたクイズだ。「描き手」は制限時間内にお題の絵を描く。解答者の前の液晶ディスプレイには、描いた内容に沿って「ニコニコ静画」に投稿されている画像の中から「だいたいあってる」絵が表示される。それを見てお題を回答者が答える形式だ。2人1組で、1回で3組が対戦した。

ニコニコ超会議2016「超お絵かきチャレンジ だいたいあってる」のブース

タブレット液晶が乗っている台の中にガレリアのPCがある

一般社団法人日本ネットクリエイター協会(JNCA)のブース

 JNCAはインターネットを中心に活動しているクリエイターをサポートする団体。ブースでは座談会や、その場でゲームを作るといった催しをしていた。またスマートフォン向けのリズムゲーム「Beat & Magicians」(チームEGG)のVR版を展示しており、希望者は体験できた。こちらはスマートフォンではなくPCで動作し、VRゴーグルの「Rift」(Oculus)と3Dセンサーの「Kinect」(マイクロソフト)を利用する。画面をタップする代わりに腕を伸ばし、迫ってくるシンボルをつかむようにしてプレイする。

ニコニコ超会議2016「一般社団法人日本ネットクリエイター協会(JNCA)」のブース

「Beat & Magicians」のVR版をプレイできた。ゲームを動かすPCはガレリアを使っていた

超囲碁・将棋

 将棋ブースはロボットと対戦できるステージ、将棋ソフト「Ponanza」とのタブレットPCを使った対戦、プロ棋士との多面差しがメイン。Ponanzaとの対戦は勝つと景品でタブレットPCがもらえるということもあり、長い列を作っていた。

ニコニコ超会議2016「将棋」のブース「電王手さん」(デンソー)

中央のステージでは、ロボットアーム「電王手さん」(デンソー)との対戦を体験できた。電王手さんは、プロ棋士と将棋ソフトが対戦する「電王戦」で使用されたものだ。制御しているのはガレリアのPC。

ニコニコ超会議2016「将棋」の対戦コーナー

将棋ソフト「Ponanza」との対戦コーナー。勝つとデジノスのタブレットPCがもらえた。対戦に使用しているタブレットもデジノス製だ。

自衛隊ブース

 自衛隊ブースでは、陸・海・空それぞれから大型の展示物が出ていた。陸上自衛隊は最新の機動戦闘車、航空自衛隊は戦闘機のエンジンを展示していた。一風変わっていたのが海上自衛隊だ。艦を持ち込むことはできないため、VRを利用した。

ニコニコ超会議2016「自衛隊」のブース 機動戦闘車の実物

陸上自衛隊の機動戦闘車の実物が展示されていた。全長約8.5m、重さは約26トン。時速100kmで走行できるという

「Merge VR」

ニコニコ超会議2016「自衛隊」のブース 戦闘機「F-15J」「F-15DJ」で利用されているエンジン

航空自衛隊の戦闘機「F-15J」「F-15DJ」で利用されているエンジン「F100-IHI-220E」。長さ5m、重さは1.5トンほどもある

ニコニコ超会議2016「自衛隊」のブース VR体験コーナー

海上自衛隊のブースはVR体験。「Rift」を装着し、輸送艦「おおすみ」とエアクッション艇「LCAC」の内部を見られた。動作に使ったのはガレリアのノートPCだ

Reported by 宮川泰明(SPOOL

ページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。