365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ドスパラ がお勧めする Windows.詳しくはこちら Windows 10

ドスパラのデスクトップパソコン(PC)の中で最も拡張性に優れるのが「タワー型デスクトップパソコン(PC)」のラインナップです。まずは最小限の構成で購入し、後からアップグレードして使うということも簡単にできます。もちろんBTO(Build To Order)パソコンですから、幅広く好みの搭載パーツの組み合わせが可能なのもタワーパソコンの強みです。一口に「タワーパソコン」と言っても、ラインナップの幅は広く、ビデオカードを搭載しないモデルから、複数のビデオカードにハイエンドCPUを搭載したモデルまで様々です。→タワーパソコンとは

タワーパソコン人気ランキング

タワーランキング 1位
Monarch XT

Windows 10 Home、Core i7、GeForce GTX960搭載

タワーランキング 2位
Monarch GE

Windows 10 Home、Core i7、インテルHDグラフィックス530搭載

タワーランキング 3位
raytrek LC M2

Windows 10 Home、Core i7、Quadro M2000搭載

ミニタワーパソコン人気ランキング

ミニタワーランキング 1位
Magnate IM

Windows 10 Home、Core i5、インテル HDグラフィックス530搭載

ミニタワーランキング 2位
Magnate MX

Windows 10 Home、 Core i7、GeForce GTX750Ti搭載

ミニタワーランキング 3位
Regulus AM

Windows 10 Home、AMD A4-7300、AMD Radeon HD8470D搭載

スリムパソコン人気ランキング

ミニタワーランキング 1位
Slim Magnate IE

Windows 10 Home、Core i3-6100、インテル HDグラフィックス530搭載

ミニタワーランキング 2位
Slim Magnate IM

Windows 10 Home、Core i5-6500、インテル HDグラフィックス530搭載

ミニタワーランキング 3位
Slim Regulus AM

Windows 10 Home、AMD A4-7300、AMD Radeon HD8470D搭載

インテル CPU + GeForce 搭載 タワー型デスクトップパソコン(PC)

※各モデルのカスタマイズ可能領域です。モデルマップページの見方 モデルマップページの見方 モデルマップページの見方
インテル CPU + GeForce 搭載 タワーデスクトップ モナーク LK モナーク XF-E モナーク XF モナーク XG-E モナーク XG モナーク 20TB モナーク MF 選べるケース一覧はこちら モナーク XH モナーク GE モナーク MH-E モナーク XT-E モナーク MX モナーク HB-E モナーク 128 モナーク XT モナーク IL モナーク LE 搭載グラフィックによる性能差はこちらを参照して下さい インテルCPUの性能比較はこちら パソコン選びで困ったら5分でパソコン診断!

AMD CPU + GeForce & Radeon 搭載 タワー型デスクトップパソコン(PC)

※各モデルのカスタマイズ可能領域です。モデルマップページの見方 モデルマップページの見方
AMD CPU + GeForce & Radeon 搭載 タワーデスクトップ サンダーストーム FXT サンダーストーム FSX サンダーストーム FRF サンダーストーム AR グラフィックの性能比較はこちら グラフィックの性能比較はこちら パソコン選びで困ったら5分でパソコン診断! AMD CPUの性能比較はこちら グラフィックの性能比較はこちら

インテル CPU + Radeon 搭載 タワー型デスクトップパソコン(PC)

※各モデルのカスタマイズ可能領域です。モデルマップページの見方 モデルマップページの見方
インテル CPU + Radeon 搭載 タワーデスクトップ モナーク XFR パソコン選びで困ったら5分でパソコン診断! モナーク XTR モナーク MFR グラフィックの性能比較はこちら モナーク LER インテル CPUの性能比較はこちら グラフィックの性能比較はこちら インテル CPUの性能比較はこちら グラフィックの性能比較はこちら

Windows 7 Home Premium 販売終了迫る
金利ゼロキャンペーン

グラフィック性能比較ベンチマークテスト SSD搭載パソコンなら、全ての作業が「速く」なる!
デスクトップパソコン「Diginnos」のケースが選べます

タワーパソコンとは その特徴と魅力

タワーパソコンとは、机上などに据え置いて使用するデスクトップパソコン(PC)の一種で、筐体サイズがいちばん大きなタイプの製品を言います。
サイズの小さなパソコンよりも高性能なパーツを数多く搭載できるため、拡張性に富んでおり、また、冷却性、メンテナンス性にも優れたパソコンです。

タワーパソコンの特徴

分類について

一般的に、幅20cm、高さ40cm、奥行き50cmほどのサイズをもつデスクトップパソコン(PC)をタワーパソコンと呼んでいます。明確な定義づけはありませんが、デスクトップパソコン(PC)はサイズ比較がしやすいよう、筐体(パソコンケース)の大きさや形状によってカテゴリー分けされています。
タワーパソコンは、その中で最も大きなパソコンです。タワーパソコンよりひとまわり小さなものは「ミニタワー」、幅を省いたものは「スリムタワー(コンパクトタワー)」と呼ばれています。

特徴について

思い通りのパーツを組み合わせて高性能のパソコンを作り上げる「自作パソコン」や、快適な動作のために性能の高いグラフィックボードの搭載が必要な「ゲームパソコン」に最も適したサイズとして主流になっているものがタワーパソコンです。
タワーパソコンよりさらに大きなフルタワーと呼ばれるものもあり、それに対してミドルタワーと称されることもあります。フルタワーはサーバー用途が多く、個人使用ではあまり選ばれません。そのため、一般的な用途としてはタワーパソコン(ミドルタワー)が最も大きなパソコンです。

構造について

タワーパソコンはサイズが大きいため、それなりに設置するスペースが必要です。
しかしながらパソコンケース内が広く余裕のある構造なため、搭載できるパーツの数が多く拡張性が高いこと、そしてその大きさが冷却性においても優れた一面を発揮するのが最大の特徴です。

正面 / 背面

左側面(内部イメージ)

ケースサイズ

タワーパソコンのここが魅力!

高性能なパーツの搭載が可能

もともとデスクトップパソコン(PC)は、ノートパソコン(PC)に比べ「拡張性の高さ」が光るパソコンです。その中でも特にタワーパソコンは、パソコンケースの内部が広いため、そのスペースを生かしたさまざまな拡張が可能です。

高性能なグラフィックボードとして主流となっているNVIDIA GeForce GTX 980のような大きなグラフィックボードを搭載することができるほか、さらに排熱性も強化すれば、3Dオンラインゲームなども快適な環境のもとで楽しむことができます。また、HDDの容量が不足してきたときに複数台のHDDを追加することも可能です。

このように、購入時は最小限の機能であっても、パーツに不足を感じた時には増設したり、パーツをアップグレードさせたりすることが容易なのがタワーパソコンの魅力と言えます。

優れた冷却性能

性能がよいものほどパーツのサイズが大きくなり、消費電力が大きくパーツからの発熱量も上がるため、搭載するためにタワーパソコンである必要があります。ケース内にしっかりとしたスペースの余裕がなければ、熱を上手に逃がすことが困難になってしまうためです。タワーパソコンほどの大きさがあれば空間を生かして冷却ファンをうまく配置することで、CPUやマザーボード、グラフィックボードなど発熱性の高いパーツに空気を送りこむことが可能になります。また、もともと搭載されているファンに加え、複数基増設することができる製品が多いことから、小さなパソコンケースでは難しい空気の流れを作ることができ、長時間使用しても優れた冷却性能を保つことが可能です。高い冷却機能を備えられるということは、パーツが過度に熱くなるいわゆる「熱暴走」を防ぐことができ、過熱によるパーツの破損を防ぐことにもつながります。

静音化が可能

パソコンケース内のスペースに余裕があるほど、より大きな冷却ファンを取り付けることが可能です。パソコンから聴こえるモーター音は、冷却のためにファンが回転している音です。同じ風量を作りだす場合にも、大きなファンほど少ない回転数で済み、また回転音が低音となるため、より騒音として気にならなくなります。

また、ファンよりも静音性に優れている冷却装置に、ファンレスタイプというものがあります。その名のとおりファンがついていない巨大ヒートシンクのような冷却装置です。ファンの回転音がしないため、より静音化が実現しますが、ケース内で場所をとってしまうため、タワーパソコン程度のサイズが必要となります。このように、パソコンケースの内部に余裕があることは、より静かな環境へ拡張することも可能と言えるのです。

カスタマイズやメンテナンスがしやすい

ケース内が広いため、パーツの取り付けや交換がしやすい点もタワーパソコンならではのメリットです。

また、パソコンの内部は想像以上にホコリを吸い込んでいるものです。1年に1度くらいはエアダスターなどでお手入れすることが理想的です。メンテナンスの際も、小さなパソコンケースに比べて作業が格段にしやすいのがタワーパソコンです。

コストパフォーマンスがよい

一般的にパソコンの価格は、本体の大きさに対して反比例している傾向があります。それはパーツの性能を保って小型化するにはコストがかかるためです。タワーパソコンはケース内に収めるパーツサイズに制限が少ないことから、同じ価格のパソコンと比べると他のサイズのパソコンより高性能なものが多くみられます。

また、本体が小さくなるほど不具合や不足が生じた場合、パーツの交換や増設が難しくなることから、部分的な交換を容易にできるタワーパソコンは取り回しのよい非常にコストパフォーマンスに優れたパソコンです。

デメリットもメリットに⁉

デメリットをあえてあげるとすれば、やはり筐体の「大きさ」と言えるでしょう。
購入前に設置するスペースを考慮する必要があります。また、場所によっては、それなりに大きな存在感となってしまいます。しかし、その大きさがあってこそ、拡張性、冷却性、メンテナンス性というメリットが三拍子そろったパソコンになっているため、そのデメリットはメリットと表裏一体とも考えられるのではないでしょうか。


自分で、より高性能なパソコンを構築したい、思う存分カスタマイズしたいという人にはタワーパソコンがおすすめです。
ドスパラでは幅広い性能と価格帯のさまざまなモデルを取り揃えています。

正面 / 背面
左側面(内部イメージ)
ケースサイズ

大抽選キャンペーン

デスクトップパソコンのページの見方

商品カテゴリー

限定特価品

人気売れ筋ランキング

お役立ちコンテンツ

ユーザーレビュー一覧

パソコン辞典

パソコン豆知識

便利なリンク一覧

ドスパラのパソコン保険

タワーパソコンページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。